まろ先生の「知っとくとお得!?法律講座!~労働法編①~」 #nfors #エヌフォース

日本がメダルラッシュに沸く中、千葉ロッテの勝敗に一喜一憂しているまろです。

 

大学生生活といえば何を思い浮かべますか?

勉学?サークル?恋愛?アルバイト?

いろいろありますよね~

 

私はというとアルバイの比率は高いですね~

なぜかというと塾講師のアルバイトをしているんです。

とある集団塾で受験生の国語を担当しています!先生なんです!!

 

みなさんはどんなアルバイトをしていますか??

Benesse調べによると60%以上の人がしているようですね。

 

バイトをしていると起きてしまいがちなのが賃金トラブルや退職トラブル。

無用な問題を抱えたくないし、それで損なんかしたくないですよね~

 

今回のテーマは自分のバイトとエヌフォースでの業務の経験を踏まえて

 

「知っとくとお得!?

 法律講座!

   ~労働法編①~」

 

あくまで参考としていただいて、本当にトラブルを抱えた際はさらにご自身でしっかりと調べることを強くお勧めします。責任は負いかねますので。

 

アルバイトの人が1日に働けるのは最大何時間か知ってますか??

「ごめんm(__)m 今日人足りないから9:00~21:00までシフト入ってくれない??」

↑こんなこと言われたことある人いませんか??

これ、実は「労働基準法32条2項違反」なんです!!つまり法律違反の悪いこと!!

 

詳しく説明しますね。

労働基準法というのは働く人を守るために働く際に雇う人が最低限守らなくてはいけないルールです。

 

32条2項には「1日8時間を超えて働かせてはいけない」(意訳)とあります。

つ・ま・り

さっきのセリフは1日12時間働きなさい!って言ってるから法律違反!ってことになりますね~

ただし通称「36(サブロク)協定」というのを結んでいれば、ちょっと緩和されるんですね。

詳しく知りたい人はちょっとややこしいので調べてみてくださいね~

8時間を超えた分は25%の割増賃金になるのもお忘れなく!

 

そしてここにはまだ問題点があるんです。

第34条には「6時間以上働いたら45分以上、8時間超えたら1時間以上の休憩を与えなさい」(意訳)って書いてあるんですね。

つまり

(36協定があっても)8時間を超えてるので休憩が1時間以上ないので法律違反!ってことになります。

 

 

私がこの場面にいたらこういう会話をします。

店長「人が足りないから9:00~21:00までシフト入ってくれない??」

まろ「え?うちって36協定結んでましたっけ?」

店長「先日結んだぞ」

まろ「わかりました。協定の範囲内なら入ります。ただし、労働時間の途中に休憩を1時間以上いただけますよね?」

店長「お、おう。」

 

 

さぁ、ここで再び質問です。

休憩時間と言いながら、電話番や客が来たら対応をさせられてませんか??

 

これも立派な法律違反です!

労働基準法34条3項に「休憩時間は自由に利用できる」(意訳)と書いてあります。

つまり

電話番や客が来たら対応というのは業務の待機時間であって、休憩時間ではないんです!

自由に使えて、仕事から離れられる時間が休憩時間です。もちろん一定の制約はありますが。

 

 

もちろんエヌフォースは法令順守

働く人が幸せじゃなきゃ人を幸せにはできませんから

 

といったところで「知っとくとお得!?法律講座!~労働法編①~」はここまでっ!

次回は「働かないでもお給料が手に入る!?」をテーマにしましょうか。

 

公式サイト:http://www.nfors.co.jp/

Twitter:@nfors16

#エヌフォース  #nfors