エヌフォースを支えます!~縁の下の力持ち~

オリンピックより野球中継を見てしまうまろです。

 

さて、皆さんの学部はどこですか?

商学部や法学部、文学部などの人もいれば、大学の個性が表れている学部に所属している人もいることでしょう!

 

志望学部や志望校を決める際になぜその学部にしたかって皆さん覚えていますか??

やりたいことがあるから、大学のネームバリューで、なんとなくエトセトラエトセトラ…

 

私はというと、法律を学びたくて法学部に行きたいと思ったんですね

中3のときの進路指導担当のA先生に受験が終わった後にぽろっと言ったのが初出しでした(笑)

 

そして現在、無事法学部に合格し、法律漬けの授業を受けているわけです。

今回のテストも毎日六法を開いて条文を参照する生活でした。

 

ということで、本日のお話は法学部は六法と判例集の持ち運びが重くて大変、ということでした~

 

 

 

 

 

 

てなわけはなく。

そんな法学部生である私がやっている仕事についてちょっと紹介したいと思います。

 

簡潔にいうと

法務

をやっています。

 

ある程度の規模の企業になるとほとんどの会社に名称はそれぞれとはいえ企業運営にあたって必要になる法律やそれに関連したことを扱う部署はあるもんです。その法務です。

 

具体的に何をしているかというと

などなどです。

 

法律は学生が起業した時に問題となることの一つではないでしょうか?

 

学生で法律に触れたことのある人って少ないですよね。

ほとんどの人は日本国憲法の授業を受けた(理解したかは別として)くらいなのではないでしょうか?

 

おそらく、法律にしっかり触れているのは法学部なはずです。(当たり前ですね)

 

では法学部生は法律をしっかり運用できるかと言われると、ふつうできません。

自分の経験則から言いますと、学部1・2年次は全体を通して使う概念や考え方や憲法民法・刑法を学び、3年次から細かい法律(~~法というやつですヨ)を学びます。

 

で、実際にこうやって企業法務をやっていて思うのは、実際に使う法律って労働法系各種や会社法などなんですね。その根本に民法というものがありますが。

 

 

法律というと悪を裁くようなイメージや、もめ事を有無を言わさず判断するようなイメージがありますが、私がやっているのは

会社と労働者を守り、

ともに気持ちよく過ごすために法律を使う

ということです。

イメージは縁の下の力持ち

 

といってもよくわからない人が大半ですよね。

これからも少しずつですが触れていきますのでどうぞお付き合いください。

 

ということで今日の授業はここまでっ。

まろ

 

過去のブログもぜひ見てくださいね!

夏だ!エヌフォースだ!

学食の前に単位と戦う‼ヒヨッコ営業デビュー

 

公式サイト:http://www.nfors.co.jp/

Twitter:@nfors16